起業・パラレルキャリア物語

【2019年最新版】女性起業家・個人事業主の助成金・補助金・融資制度

女性の起業を応援してくれる助成金について知っていますか?

自分で事業を起こしたい、独立してフリーとして仕事をしていきたいと思う女性にとってハードルとなるのが金銭面の問題。

例えば、「主婦から起業をしたい!」「パートタイムや正社員の仕事からフリーとして独立したい!」と考えていたとしても、
「女性は男性に比べ収入が少ない人が多い」、「子供がいて生活費を削れない」など、自由に使えるお金が少ないことも多いでしょう。

金銭面を理由に独立や個人事業の開始を諦めてしまう前に、助成金・補助金・融資などの制度について考えてみませんか?これからご紹介する制度をうまく利用すれば、新しいチャンスが広がるかもしれません。

助成金・補助金・融資の違いは?

そもそも、助成金・補助金・融資という言葉は聞いたことがあっても、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?
まず、それぞれどんなも違いがあるのか確認していきましょう。

・融資=資金が必要な人へ銀行などがお金を貸すこと。要は借金。
・補助金=国や地方公共団体の審査が通った場合に受け取ることのできる返済不要なお金。
・助成金=国や地方公共団体に申請すると要件を満たせば原則受け取れる返済不要なお金。

会計どっとコム によれば
「補助金・助成金は、融資とは違い、そのどちらも国や地方公共団体から受け取ることのできる返済不要なお金となります。
助成金は、国や地方公共団体が示す受給要件に満たしている場合は、原則だれでも受け取ることが出来るお金なのに対し、(中略)補助金は、助成金とは違い、要件を満たした会社が申請をしても審査の結果、交付を受けられない場合があります。つまり、この審査によって、その補助金を利用することでどれだけ事業が活性化するかや、社会に役立つかなどの必要性を示さなければいけないということです。」
と説明されています。

補助金や助成金は返済不要なお金ではありますが、後払いであることにも注意が必要です。
お金を工面し支出したあと補助金や助成金が交付されるので、必要な資金はまずは調達する必要があるということを覚えておきましょう。

女性の起業家・個人事業主が受け取れる助成金 

では、女性が受け取れる助成金にはどんなものがあるのかご紹介していきます。

▼東京都(中小企業振興公社) 若手・女性リーダー応援プログラム助成事業

商店街の個人商店の閉店は後を絶たず「シャッター街」という言葉が象徴的です。都内の商店街も例外ではありません。
そんな都内商店街で女性又は若手男性が開業をするにあたって、店舗の新装又は改装及び設備導入等に要する経費の一部を助成するというのがこの助成事業です。
助成限度額は、事業所整備費400万円、実務研修受講費6万円、店舗賃借料  1年目:月15万円、2年目:月12万円で、助成率は3/4以内(実務研修受講費のみ2/3以内)となっています。
東京で自分のお店を持ちたい!と思っている方にはとてもいい助成制度ですね。

▼中小企業基盤整備機構 地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)

こちらの助成金は女性限定ではありませんが、地域貢献性が高い新事業に取り組む中小企業者等に助成を行うという制度。
「地域中小企業応援ファンド」は、中小企業基盤整備機構(中小機構)と各都道府県の公共団体・金融機関等が共同出資した地域独自の官民ファンドなんだそうです。
このファンド運営会社に対象事業が採択された後、ファンド運用益から資金の助成を受けるという流れになっています。
地域によっては複数年にわたって助成を行うファンドもあるとのこと。一度チェックしておきたいですね。

また、助成金・補助金の情報については、ミラサポ 補助金・助成金ヘッドラインや、J-Net21中小企業ビジネス支援サイト 補助金・助成金などで、定期的に情報のチェックを行うと良いでしょう。

女性の起業家・個人事業主向け融資・支援制度

次に、特に女性に対して力を入れている融資制度についてご紹介します!

▼女性、若者/シニア起業家支援資金
日本政策金融公庫で募集している融資。
女性または35歳未満か55歳以上の男性で、 新たに事業を始める方や事業開始後7年以内の方に融資をしてくれます。
融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円)と高額なのもポイントです。

▼横浜市 女性おうえん資金

神奈川県横浜市の横浜市信用保証協会で募集している女性への融資制度。
事業開始(または開始後5年未満)する起業家だけでなく、個人事業主にも融資を行ってくれる点、分社化の際の融資にも対応してくれる点が特徴です。
融資限度額は2500万円。横浜市内で起業、個人事業を開始しようと思っている女性の方は必見の融資内容です。

▼DBJ女性新ビジネスプラン コンペティション
DBJ女性起業サポートセンターが開催している開始5年以内の女性起業家に向けたコンペティション。
受賞者には1,000万円の事業奨励金が支給されるほか、計画実施のための支援が受けられます。
昨年の募集期間は2018年8月20日(月) ~10月11日(木)となっています。

4. 女性起業家・個人事業主に役立つその他の制度

最後に、女性起業家や女性個人事業主に役立つその他の制度についてご紹介します。

①ドリームゲート
起業についての総合サイト。専門家に起業から会社経営まで無料で相談できる無料相談サービスから、起業セミナー、開業マニュアルの公開、融資相談など起業にまつわる様々なサービスを行っています。起業を考えたらまずはこのサイトを見てみるといいのではないでしょうか?

②女性社長.net
日本最大級の女性起業家データベースサイト。
女性経営者・個人事業主の事業継続サポートを行うため、イベントやセミナーといった女性起業家同士のつながりの場を設けたり、メールマガジンなどを通じてコラボや取材のきっかけの場となるような機会を提供しています。

③クラウドファンディング
最近話題のクラウドファンディング。クラウドファンディングとは、起業家やクリエイター、個人事業主や何かをやりたい!と思っている人が、その内容や必要な資金、どのように資金が使われるのかなどをプレゼンし、それに賛同した人が一定期間内に出資することで資金を集めていく方法。SNSとも相性のいい資金調達方法なので支援者と事業を起こす人が身近に感じやすく、支援者の意見なども事業に取り入れやすくなるというメリットもあります。
ここで、代表的なクラウドファンディングサービスを二つご紹介します。

・日本初のクラウドファンディングサイト Readyfor
2011年3月からサービスを開始したReadyforは日本で初めてのクラウドファンディングサイト。
2017年7月中旬までに27万人から、42億円を集めるなど国内最大の実績を持っています。
それぞれのプロジェクトに対し、キュレーターと呼ばれる担当者がつくことが特徴です。

・プロジェクト数日本最大のクラウドファンディングサイト CAMPFIRE
2017年7月中旬現在のプロジェクト数7,000件以上を扱う大手クラウドファンディングサイト。
オウンドメディアも運営しており、それを時々チェックするだけでも面白い!

いかがでしたか?一口に起業や個人事業主のための資金調達やサポートと言っても様々です。女性企業家・個人事業主が独立して資金調達していくには広い視野とリサーチ力、アイディアが必要です。補助金・助成金・融資と選択肢を広げてチェックしてみましょう。困ったときにはご紹介したサイトの相談サービスを利用するのもいいですね。ぜひあなたに合った資金調達方法を探してみてください。

この記事を書いた人

azusa watanabe
渡部 梓

大学卒業後アパレルメーカーで販売、ディストリビューター(在庫管理、換金計画策定等)、店舗支援を担当する。結婚退職後、転居し地方公務員へ。個人住民税課税業務に従事。第一子育休中に再転居により公務員を辞し、無職での保活と子連れの再就職活動を経験する。その後アパレルメーカーでのディストリビューター業務の傍らCARRY ME経由でライティング活動を開始。現在は派遣社員として某企業の社内広報業務を行いながらCARRY MEにてライティング関係の業務委託案件を請け負うパラレルキャリア実践者。サイト「イエトシゴト。」を運営。プライベートでは二児の母。

関連記事もご覧ください