キャリーミーのプロ

どんなサイトもCVにつなげる!SEO×広告運用で顧客のニーズに応えるWebマーケのプロ

181 View

S.S.さんはメーカーでの海外営業を経験後、Webエンジニアとして独立、その後Webマーケターに転身されたプロです。SEOを中心に、広告運用、Webサイト制作、分析等のメディアコンサルティング事業で法人化もされています。営業で培った提案力やディレクション力で多くの企業様のCVを向上させてきました。「SEOにはロジックがあり、失敗することはほぼない」とおっしゃるS.S.さんに、独立した経緯、Webマーケターへの転身の理由や、独立時の苦労をお伺いしてきました。

プロのこれまでの実績

プロフィール:S.S.さん
大学卒業後繊維メーカーの海外事業部にて4年間勤務後、アプリ開発エンジニアとして独立。その後、Web マーケティング事業を立ち上げ、WEBMARKS(https://webmarks.jp)をはじめ、複数のメディアの収益化に成功。現在は、SEO・広告運用を軸とするWebマーケティングコンサルティング事業および、Webマーケターの育成事業(https://webmarks.jp/web-marketing-school/)を行なっている。
2021年1月に株式会社WEBMARKSを設立。

-現在の事業内容をお伺いします
Webマーケティングの事業を行っています。メインはSEOの案件を頂いており、残りの2,3割でWebの広告運用、SNS・リスティング広告を行っております。

また、Webマーケターを育成するスクールも運営しています。2021年の1月にこれらの事業を法人化し、株式会社WEBMARKSを立ち上げました。

-キャリーミーを経由した案件はどのようなものですか?

2020年夏にいただいた案件が現在継続中です。
クライアントは、暮らし全般を網羅したメディアを運営している企業様で、SEOおよび売り上げ改善対応のお仕事をしています。
SEOにはロジックが存在するので、今回頂いている案件も先方のご要望にお応えできるのではないかと思っています。

-フリーランスとして大変活躍されているとお見受けしますが、最長で何年くらいご一緒している企業様がいらっしゃるんですか?
そうですね、マーケティングの方に転身してからなので4年ほどお付き合いのある企業様もいらっしゃいます。ご相談頂く内容が変わりながらですね。初めはSEOのみのご相談でしたが、現在は広告運用全般の業務をご依頼頂いています。ありがたいですね。

独立を決意したきっかけとキャリーミーを活用するメリット

-なぜ独立されようと思ったんですか?

前職は海外で営業部員として途上国の支援などをしていました。1日3時間の睡眠時間で、仕事自体がハードだったことも独立を考えたきっかけの一つです。
でも一番の理由は、企業の看板を外して、自分の実力をダイレクトに評価される環境で挑戦してみたいという気持ちがあったことですね。
そこで、WebやITの世界への転身を考えました。

-海外に駐在して働くというのは、学生の頃から目標とされていたんですか?

はい。学生の頃からの目標でした。しかし、メーカーの会社員として現地に工場を作り雇用を生んで経済発展に寄与するという方法は、私が思っていた国際協力のイメージとはちょっと違っていたんです。
当然ながら、自社の利益にしなければいけませんし、一方で現地の方々の生活を大きく変えるほどのインパクトは残せません。別の方法で国際協力ができないのかと考え始めたことも独立の大きなきっかけでした。

現在では、国際協力NGOのマーケターのお仕事を頂いています。小学校の教員免許を取得していたり、前職で英語でのビジネスを行ってきたこと、マーケティングの知識があることで得られた案件です。
切り口は変わりましたが、こうして国際協力のお手伝いができることを嬉しく思っています。

-独立して苦労されたのはどんなことですか?

僕の場合は2年間くらい苦労していました。

会社員時代からエンジニアを目指してプログラミング言語の勉強をし、独立後は自分でアプリを作って収益を上げようとしていましたが、このハードルが高かったですね。
良いアプリは、すでに世の中にたくさんありますし、定期的なアップデートに合わせて仕様を更新していかないとアプリが動かなくなるため、実際に収益化は全然できませんでした。

アプリ開発ではマネタイズは難しい、でもフリーランスのアプリエンジニアとしてやっていくには、実務経験もなければ年齢的にも難しいと感じていました。
そこで自サイトの運用でも実績として認められ、SNSやGoogleなど、プログラミングの世界より身近なWebマーケティングの分野に着目したんです。

こうしたWebマーケティングでマネタイズしていく方法を真剣に考え出したのは、独立から1,2年後です。そこから、WebサイトやWebメディアから収益を上げるビジネスモデルが完成したのですが、今度はGoogleのアップデートでダメージを受けました。
このときは、これからどうしたら良いんだ…という思いでしたね。

一方で企業ドメインが評価されるようになって、企業さんがWebマーケティングに力を入れ始めたんです。そこで私にも声がかかるようになりまして。ここでようやく安定してきたなという感じですね。
自社の事業に集中するため、貯金を切り崩して生活していたので最初の2,3年は本当に苦労したなという感じです。自分で何かを立ち上げたいという気持ちにこだわり過ぎてしまいましたね。

-キャリーミーに登録されたきっかけは何ですか?
登録したのは3年前くらいですね。でも自分の実績が少なかったので、案件をご紹介いただいたのは2020年の夏からです。現時点ではその1案件を継続してキャリーミーから頂いています。

-キャリーミーを活用するメリットはどんなところですか?

営業の方がしっかりとリードを暖めてくれることですね。私も営業をしていたので経験がありますが、自分で営業しようとすると、すごく大変なんです。
その点キャリーミーを使えば、自分からリードを取ることなく、クロージングだけでいい。
クライアントとすぐにお話しできて、うまくいけばそのまま案件が動き出すのはすごくありがたいですね。

また、キャリーミーのリードの質はいつも安定して高く、担当の方も非常に丁寧なので、信頼できます。

-フリーランスとしてお仕事するにあたり、おすすめのツールはありますか?

契約書をネット上で完結できるクラウドサイン、請求書であればmisocaなどですね。

あとはフリーランス協会。年会費1万円で、フリーランスに便利な様々な優待が受けられ、損害補償もついてくるのでフリーランスにおすすめのサービスだと思います。

また、GMOのフリーナンスも、入金期日前の報酬を即日振込してくれたり、フリーランス特有の事故の補償を行ってくれます。フリーランスには心強い時代になったなと感じています。

キャリーミー取材班が見たS.S.さんの活躍ポイント

・SEOを中心に、顧客様のCVを上げる手法を複数持ち、そのロジックを確立している
SEOを軸に、Webサイト制作、サイト分析や広告運用など顧客様に利益をもたらすスキル・手法を複数持っています。またそれぞれのロジックから、当たり前のようにCVにつなげられる仕組み作りに強みをもたれています。

・コミュニケーション力および提案力、ディレクション力
営業出身のS.S.さんは、顧客様に即したコミュニケーション力および適切な提案力が魅力です。また、自ら手を動かすだけではなく、ライターなどをアサインしてチームを作り、ディレクションを行うこともできます。

この記事を書いた人

azusa watanabe
渡部 梓

大学卒業後アパレルメーカーで販売、ディストリビューター(在庫管理、換金計画策定等)、店舗支援を担当する。結婚退職後、転居し地方公務員へ。個人住民税課税業務に従事。第一子育休中に再転居により公務員を辞し、無職での保活と子連れの再就職活動を経験する。その後アパレルメーカーでのディストリビューター業務の傍らCARRY ME経由でライティング活動を開始。現在は某企業の社内広報業務を行いながらCARRY MEにてライティング関係の業務委託案件を請け負うパラレルキャリア実践者。プライベートでは二児の母。