CARRY MEとは

プロ人材として独立した後の仕事獲得方法

207 View

プロ人材として独立した後にどのようにして仕事を獲得するか、は気になるポイントと言えます。そこで、キャリーミーのキャリアアドバイザーマネージャーである布井が仕事獲得方法について解説します!

1番のおすすめ方法!前職・現職で契約する

布井さんプロフィール画像
布井あやみ

CARRY MEのキャリアアドバイザーチームマネージャー。上智大学外国語学部卒。キャリアコンサルタント、タヒチアンダンサー&講師、メンタルコーチという複数の仕事を持つパラレルキャリア。
株式会社パソナキャリア、株式会社リクルートエージェント(現株式会社リクルートキャリア)等大手人材紹介会社での法人営業経験を通じて培ったビジネススキルと、全日本ジュニア新体操選手権大会団体入賞経験をはじめとする舞踊歴17年のキャリアを活かした独特の表現力を併せ持つ貴重な存在として各方面から注目を集めている。
最近ではパラレルキャリアコンサルタントとして、同じくパラレルキャリアを目指す方々へ向けたセミナーの開催、キャリアコンサルティングなどにも力を注ぐ一方、採用顧問として採用責任者の育成支援等も手掛けている。

プロ人材として独立後にどのようにして仕事を得るか、独立したばかり、もしくはこれから独立したいと考えている人は気になるところでしょう。

業務委託の仕事獲得方法はいくつかあります。その中で最もおすすめなのが、前職・現職繋がりで案件を獲得する方法です。

例えば、今現在正社員でこれから独立しようという人は、可能であれば雇用形態を正社員から業務委託に変えてもらいましょう。退職後の場合でも、前職との関係性が維持できているのであれば業務委託契約が結べるか確認してみると良いでしょう。

初めての業務委託での仕事を前職・現職経由にすることをおすすめする理由は、すでに関係性ができており、仕事内容やスタイルについて相互理解ができているからです。

独立して働き方が変わり、これまでにないプレッシャーを感じて、最初は苦戦するでしょう。そんな中で「勝手知ったる」稼働先が一つあると、初めてのプロの仕事であってもリズムを築きやすいですし、精神的にも安定できます。

初めての案件は前職・現職繋がりで仕事獲得を。これは非常におすすめです。

人脈が大事!?知人経由で案件ゲット

2つ目のおすすめ仕事獲得法は、知人経由で案件をゲットする流れです。

この方法は何よりも人脈が重要です。独立前に社内外問わず人脈を作っておき、独立したことを伝えておけば、何らかの仕事が入ってくる可能性があります。

キャリーミーの登録者の中でも知人経由で案件を獲得している人は多いんですよ。

どんどん自分を売り込もう!指名から仕事獲得

個人事業主から法人に切り替えるベストタイミング
3つ目は指名から仕事を獲得する方法です。

例えばメディアに出る、セミナーを開くなど、何らかの実績を積んで自分の名前を売っておけば、広く社会に対して自分という存在をアピールできます。

そうなると、自分から仕事を探さなくても、向こうから「◯◯さんに仕事をお願いしたい」と指名が入ることがあります。

キャリーミーの登録者の中でも特にハイクラスな方は、このように仕事を獲得しています。自分の実力・実績に自信がある方は、どんどん自分を売り込みましょう!

最近のトレンド!エージェント経由

4つ目はここ最近増加しているエージェント経由で仕事を獲得する方法です。

かつて「フリーランス」というと人脈が無いと仕事が取れない世界でした。

しかし昨今は業務委託の求人を個人が獲得しやすくなっています。それは、エージェントを通して外部から仕事を供給してもらえるようになったからです。

独立間もない方は、エージェントを有効活用しない手はありませんよ。

キャリーミーでも、独立間もない方が登録をしています。フリーランスとしての実績が少なくても、正社員でしっかりコアメンバーとして仕事をした経験があれば、「プロ人材」としてご紹介できるお仕事があります。

なお、キャリーミーは、「プロ人材」を「企業の課題解決をする為の専門知識やスキルを有し、複数の企業と業務委託契約で働き、成果や業務にコミットする即戦力人材」と定義しています。

キャリーミーはこうした「プロ人材」に特化したマッチングサービスなので、フリーランスの経験年数が長くても「プロ」として仕事ができるスキルがなければキャリーミーではご紹介できる案件が少ないでしょう。

リサーチと積極性!自分で応募してみよう!

最後に紹介するプロ人材として独立後の仕事獲得方法は、自ら応募することです。

個人と企業の案件のマッチングサイトから自分で応募したり、企業のホームページから自分で応募したりと、自分から積極的に仕事を探しましょう。

他には、比較的カジュアルな求人サイトから業務委託案件を探す方法もあります。正社員や派遣、アルバイトの案件であっても応募して面接のチャンスを頂けたら、自分で業務委託契約を提案する。意外かもしれませんが、この方法もおすすめです。

なぜなら、企業様によっては柔軟性を持って対応してくれる場合もあるからです。

社内制度が厳しく決められていたり、堅い社風の企業様だと難しいですが、ベンチャーやスタートアップだと雇用形態は問わず優秀な人材に来て欲しいというところが多々あります。柔軟性のある企業様だと、募集時は正社員等の求人であっても、自分の交渉次第で業務委託の仕事を獲得できることが結構あるんですよ。

キャリーミーの登録者の中でも、このパターンで案件を取ってきている人は少なくないです。

ちなみに、求人サイトから探す場合は、媒体選びが重要です。

柔軟性がある企業様、例えばスタートアップやベンチャーが多く求人を出していたり、福利厚生よりも業務内容に重きをおいて求人の訴求を行っている媒体がおすすめです。

今回のコラムでご紹介した「プロ人材として独立した後の仕事獲得方法」は以下の通りです。
・1番のおすすめ、前職・現職繋がりでの案件獲得
・独立前の行動がキーポイント、人脈を駆使して知人経由で案件獲得
・ブランディングが重要、指名経由
・まずは登録だけでも◎エージェント経由
・能動的に自分から気になる企業に応募

今回のように、独立後の案件獲得について不安に思われている方、プロ人材として自分の力を試してみたい、自分のスキルを生かして柔軟に働きたいというご希望をお持ちの方は、是非以下からキャリーミーにご登録ください!登録は1分で完了。求人情報などを定期的にご案内致します!

「プロ」として働きたい
みなさまへ

キャリーミーでは、Webマーケ・広報・PR・営業・人事などで活躍する「出社・実務可能なプロ人材」と、

採用に悩む企業をプロ契約(業務委託契約)でマッチングするサービスを展開しています。

・柔軟な働き方を実現したい

・自分の実力を正当に評価され、仕事がしたい

・子育てとやりがいのある仕事を両立したい

そんな思いをお持ちの方、是非キャリーミーにご相談ください。

簡単1分!無料登録

この記事を書いた人

_DSC2239WEB2
吉田真理子

大学卒業後、航空券予約販売サービスを運営するベンチャー企業に入社、SEOライターとして主力商品のコンテンツ制作に携わる。2018年よりフリーランスに。美容情報メディアのインフルエンサー兼エディターとして、キュレーション記事の編集業務を担当する。また、クリニックの専任ライターとしても活動し、医療脱毛や医療痩身に関しての記事も手掛ける。リサーチ力とロングテールキーワードを意識したSEO戦略に定評がある。