CARRY MEとは

なぜ、業務委託で活動したい人が急増しているのか?その理由をキャリーミーのプロが解説!

80 View

業務委託で活動したい人材が急増している背景には何がある?

なぜ今、業務委託契約で活動したい人が急増しているのでしょう。
キャリーミーのキャリアアドバイザーマネージャーで、人事のプロである布井が、その理由について解説します。

布井さんプロフィール画像
布井あやみ

CARRY MEのキャリアアドバイザーチームマネージャー。上智大学外国語学部卒。キャリアコンサルタント、タヒチアンダンサー&講師、メンタルコーチという複数の仕事を持つパラレルキャリア。
株式会社パソナキャリア、株式会社リクルートエージェント(現株式会社リクルートキャリア)等大手人材紹介会社での法人営業経験を通じて培ったビジネススキルと、全日本ジュニア新体操選手権大会団体入賞経験をはじめとする舞踊歴17年のキャリアを活かした独特の表現力を併せ持つ貴重な存在として各方面から注目を集めている。
最近ではパラレルキャリアコンサルタントとして、同じくパラレルキャリアを目指す方々へ向けたセミナーの開催、キャリアコンサルティングなどにも力を注ぐ一方、採用顧問として採用責任者の育成支援等も手掛けている。

副業の解禁

業務委託で活動したい人が増えている1つ目の理由は、副業の解禁にあります。

コロナ禍の影響も大きいですが、その前から副業が働き方のトレンドになっていました。正社員に副業することを許す会社も増えていますし、副業が解禁されたことで外部案件にトライしたいと考える方も多いです。

また、リモート勤務が普及したことで通勤時間がなくなり時間に余裕が生まれたことがきっかけで、副業として業務委託案件を請け負う方もいます。

不況による業績面の不安から

不況による業績面の不安から、収入を1つの会社から得ることに不安を覚えた会社員の方もいらっしゃいます。

そうした方が様々な収入獲得のルートを模索していきたいという観点で、外部の業務委託案件に挑戦する例もあります。

フリーランスの働き方の認知度が上がったため

業務委託で活動したい人が増えた要因として、そもそもフリーランスという働き方が世の中に浸透したこともあります。「パラレルキャリア」とも呼ばれる、複数の仕事を並行して行うワーキングスタイルが流行っていますし、認知度も上がっています。

フリーランスの仕事が気軽に始められるようになったことで、業務委託で活動したい方が増えたとも言えます。

業務委託のエージェントが増えたきたため

かつてはフリーランス、業務委託というと人脈がなければ仕事の獲得が難しい働き方でしたが、業務委託のエージェントが増えたことで、人脈がなくても案件が取りやすい環境が整い始めました。

もうすでにプロ人材として独立している場合でも、案件獲得のルートを増やすため、エージェントに登録して情報収集はしておきたいという人も多いです。

業務委託のエージェントが増えたことも、業務委託で活動したい人が増えた1つの要因でしょう。

今後も増加する?!業務委託市場の今後について

プロ人材として活動したい人は今後も着実に増えていくでしょう。

副業が解禁され、これだけリモートワークが普及した今、この流れは止まらないでしょう。これからもどんどん業務委託の需要は高まりますし、それに乗じてエージェントも増えてくるかと思います。

なぜキャリーミーがプロ人材から選ばれているのか

業務委託で活動したい人が急増していると並行して、業務委託エージェントも数多く市場に誕生しました。そんな中でなぜキャリーミーがプロ人材から選ばれているのかをお答えします。

キャリーミーは「プロ人材」を、「企業の課題解決をする為の専門知識やスキルを有し、複数の企業と業務委託契約で働き、成果や業務にコミットする即戦力人材」と定義しています。

「プロ人材」の属性としては、正社員時代にコアメンバーとして成果を上げ独立している方、スキルフルな起業家の方などが多いです。

キャリーミーをお使い頂く理由は、起業が軌道に乗るまでの収入獲得や子育てとの両立などが挙げられます。スキルをもった個人が、時間や場所に制約されることなく成果にコミットする働き方ができるため、プロ人材の方々に選ばれています。

また、キャリーミーの登録者であるプロ人材の声として多いのは、キャリアアドバイザーとの面談の評価の高さです。他のエージェントも登録後に面談を設けているところが多いですが、キャリーミーの面談はキャリアアドバイザーの関わり方がひと味違います。

キャリーミーは経営者や個人事業主など、業務委託のメンバーが多く活躍しているエージェントです。

仕事探しのお手伝いをするキャリアアドバイザーもフリーランスや正社員とのパラレルキャリアのため、プロ人材と同じ価値観で話がしやすいのです。正社員の経験しかないキャリアアドバイザーよりも、業務委託の内情や希望を肌感覚で理解しているため、より深い話ができます。内情がわからない人に言われてもなかなか納得できない、同じ立場じゃないとわからないことってありますよね。

業務委託、フリーランスの働き方が自分事であるキャリアアドバイザーの存在が、プロ人材がキャリーミーを選ぶ1つの理由ではないかと思います。

今回のコラムでご紹介した「なぜ、業務委託で活動したい人が急増しているのか?」の詳細は以下の通りです。
•副業解禁やフリーランスという働き方の認知度が高まったため
•業務委託で活動したい人はこれからも増加し、需要も高まる
•キャリーミーが選ばれているのはスタッフが同じ立場でプロ人材と向き合っているため

様々な雇用環境の変化から、自身のこれまでのスキルを活かし「プロ人材」として活躍したいという方が増加傾向にあります。プロ契約の求人情報をいち早く知りたいという方は、ぜひキャリーミーにご登録ください。登録は1分程度で完了!これまでのスキルにマッチした求人を定期的にご案内しています。

「プロ」として働きたい
みなさまへ

キャリーミーでは、Webマーケ・広報・PR・営業・人事などで活躍する「出社・実務可能なプロ人材」と、

採用に悩む企業をプロ契約(業務委託契約)でマッチングするサービスを展開しています。

・柔軟な働き方を実現したい

・自分の実力を正当に評価され、仕事がしたい

・子育てとやりがいのある仕事を両立したい

そんな思いをお持ちの方、是非キャリーミーにご相談ください。

簡単1分!無料登録

この記事を書いた人

_DSC2239WEB2
吉田真理子

大学卒業後、航空券予約販売サービスを運営するベンチャー企業に入社、SEOライターとして主力商品のコンテンツ制作に携わる。2018年よりフリーランスに。美容情報メディアのインフルエンサー兼エディターとして、キュレーション記事の編集業務を担当する。また、クリニックの専任ライターとしても活動し、医療脱毛や医療痩身に関しての記事も手掛ける。リサーチ力とロングテールキーワードを意識したSEO戦略に定評がある。