「プロ契約」のキャリーミー
中途採用では採れなかった
優秀な人材が社内のメンバーに!

詳細チェック&無料相談する

料金表を確認する

プロ人材活用事例を見る

【プロ契約Q&A】なぜ優秀なプロ人材はキャリーミーに登録するのか?

プロ契約のよくある疑問を解決!キャリーミーに優秀なプロが集まる理由とは?

キャリーミーのプロ契約を検討される企業様のよくある疑問を解決します!
(プロ契約について、詳しくはこちらからどうぞ)
今回は、現在新規事業を担当する中野渡が「なぜ、優秀なプロ人材はキャリーミーに登録するのか」について解説します。

優秀なプロ人材がキャリーミーに登録する3つの理由

中野渡 桂 新規事業責任者
大学卒業後、株式会社アスリートプランニングへ入社し新規事業→既存事業異動後、集客・CA・法人営業と経験。 史上最高記録のイベント集客を達成し社内MVPを獲得。株式会社GOODGREENに移り、広告運用以外のほとんどの業務に従事。その後エンジニア学校に入学してWebアプリ制作等を行い、アフィリエイトサイトの売却に成功後、キャリーミーに正社員としてジョイン。営業・採用コンサルタント・マーケティング(広告運用担当)等を経て現職。プライベートでは、月間80万PVのブログを運営する傍ら、個人YouTubeチャンネル開設2ヶ月で2700名の登録実績を持つ。2021年には新メディア・体育会の就活 https://taiikukai-shukatsu.com/ をローンチ。

こんにちは。キャリーミーで営業などを担当した後、現在は新規事業を担当している中野渡です。

キャリーミーは「プロ人材」を、「企業の課題解決をする為の専門知識やスキルを有し、複数の企業と業務委託契約で働き、成果や業務にコミットする即戦力人材」と定義し、プロ人材と企業様をマッチングするサービスをご提供しています。

キャリーミーには優秀なプロ人材が集まっていると企業様からご評価いただくことも多いです。

なぜ、優秀なプロ人材がキャリーミーに登録するのか。その理由を3つご紹介していきます。

プロ人材とは
キャリーミーでは、プロ人材を「独立した個人として企業の難易度の高い課題の解決のため業務を請け負える人材」と定義しています。雇用形態は原則業務委託。 プロ人材の属性としては、フリーランスや起業家、CXOを退任された方などが多く、年齢層は30代が中心です。

プロ人材がキャリーミーに登録する理由①:早期参入と明確な定義付け

キャリーミーに優秀なプロ人材が集まる一つ目の理由は、マーケティング・広報領域に特化した「プロ人材マッチングサービス」に、早期に参入し、サービスを提供できたことです。

キャリーミーがサービスローンチしたのは2016年です。当時、フリーランスエンジニア向けのマッチングサービスはあり、すでにレッドオーシャンの状態になっていました。一方、広報・マーケティングの領域に特化した業務委託案件を紹介するサービスはほぼありませんでした。

こうした「ブルーオーシャン」に早期に参入できたことで、「広報・マーケティングの業務委託エージェントといえばキャリーミー」という認識が広まり、優秀なプロ人材が集まるようになりました。

合わせて「自社サービスの定義付け」を早期に行い、PRしたことも大きかったのではないかと思います。

サービスローンチ当初から、「週2~3回、業務委託のマッチング」をサービスの軸にすることや「プロ人材」を「企業の課題解決をする為の専門知識やスキルを有し、成果や業務にコミットする即戦力人材」と定義しました。

創業当初のキャッチコピーにも「仕事が舞い込むプロになる 週1のプロジェクトから週5の転職まで」と、「プロ」のキーワードを意識して加え、プロ人材に対する意識の高い方のご登録に繋がりました。現在のキャッチコピーは「ビジネス界にもプロ契約を」に変更していますが、それでも「プロ」という言葉は、Webだけでなく、資料・講演・セミナー全てに統一して入れています。

このように「プロ人材」をマッチングするサービスであると定義し、統一したメッセージを伝え続けることで、プロ人材であると認識している人、もしくは、プロ人材になれるか力試ししたい人などが集まってくるようになりました。

プロ人材がキャリーミーに登録する理由②:自社マーケチームはプロのみで構成

キャリーミーに優秀なプロ人材が集まる理由の二つ目は、自社マーケチームが創業からプロ人材のみで構成されていることです。


キャリーミーマーケティングチームの組織図です

CMOの毛利は、サービスローンチ時に代表の大澤から集客の相談を受け、SEO対策を含むWebディレクションのプロ人材としてキャリーミーをサポート。創業期からSEOに取り組んだことで、集客に成功しています。

毛利が業務委託プロ人材ながらCMOになったきっかけは「【キャリーミーCMO /毛利優子さん】業務委託で執行役員CMOになるまで!キャリーミーが提唱する新しい働き方の形」をご覧ください。

このように、マーケティング部門が全員プロ人材であるという事実は、2つの意味で効果があると思っています。

一つは、優秀さです。

CMOの毛利を含め、広告運用、オウンドメディア、プランナーなど、優秀で成果にコミットできる方をスポットでアサインできるので、すぐに成果に繋がりやすい環境が作れます。リソースの少ない我々のようなスタートアップでも、スピード感をもって事業を進められます。

もう一つは、登録して頂けるプロ人材の共感を得られやすいことです。

プロ人材のマッチングサービスを行っている我々が積極的にプロ人材を登用し、プロ人材に助けられながら事業運営をしている。新規登録者の方の面談を行うキャリアアドバイザーも全員がプロ人材です。2021年2月現在、約30名のプロ人材がキャリーミーで活躍していると伝えると、登録しているプロ人材にも励みになります。

プロ人材が事業運営に携わっている企業姿勢がプロ人材にも共感してもらえるので、自然に登録者も増えていきます。

プロ人材がキャリーミーに登録する理由③:広告に頼らず、口コミで

最後の理由はメインの集客方法にあると思っています。

キャリーミーの集客のメインは、SEOや口コミです。

もちろん、広告もある程度活用していますが、口コミや登録頂いているプロ人材のご紹介でさらに優秀なプロ人材が集客できていると感じています。優秀なプロ人材の周りには優秀な方が集まっていることが多いので、早期に参入したプロ人材のご紹介でさらに登録者が集まるという循環が出来ています。

キャリーミーに優秀なプロ人材が集まるのには理由があった!

本記事で紹介した内容をまとめます。

✓なぜ、優秀なプロ人材はキャリーミーに登録するのか
・早期に参入し、明確な定義付けとコミュニケーションでプロ人材から支持されたから
・キャリーミーもプロ人材を活用して事業を拡大しているので、プロ人材の共感を得やすいから
・広告ではなく、口コミでの登録者増を重視しているから

キャリーミーにはWebマーケティング・広報を中心に、プロ人材が10,000名以上登録しています。本記事を通して「プロ契約」に興味を持っていただきました企業様はぜひこちらからお気軽にお問い合わせください。ご相談は無料で承っております。また、オンラインでの面談も実施しております!

この記事を書いた人

masaki
まさき

音楽専門学校を卒業後、アミューズメント施設でフリーターとして勤務。その後契約社員を経て正社員に登用。施設運営責任者としてマネジメント、接客事務、在庫管理などを担当。退職後、個人事業主(フリーランス)としてWebメディア運営責任者、Webライター、Webエンジニア開発などを経験。ミニマリストまさきのブログ(https://sawa-masaki.com)、Web業界の転職と副業(https://it-workstyle.com)、映画予報(https://kenken-movie.com)など複数メディアの運用・運営に携わる。