「プロ契約」のキャリーミー
中途採用では採れなかった
優秀な人材が社内のメンバーに!

詳細チェック&無料相談する

料金表を確認する

プロ人材活用事例を見る

【プロ契約Q&A】プロ人材(業務委託)を活用するメリットとは?

人手不足やノウハウ不足など、自社では対応が難しい業務があるとき、どのような手段を検討されていますか?
キャリーミーの「プロ契約」は、プロ人材として活躍している個人(そのほとんどが、個人事業主や企業の経営者です)に平日の日中に常駐あるいはリモートで稼働してもらい、社内メンバーとに実務を行ってもらいます。
そんなキャリーミープロ契約を検討される企業様のよくある疑問を、キャリーミーの営業チームが解決します!今回は、営業・マーケティングチームなどで活躍している中野渡が「プロ契約を行う場合の企業様のメリット」について解説します。
プロ契約のリスクについても【プロ契約Q&A】プロ人材(業務委託)を活用するリスクとは?でご紹介しています。

プロ人材を自社でも活用!キャリーミーのプロ契約のメリットとは?

中野渡 桂 新規事業責任者
大学卒業後、株式会社アスリートプランニングへ入社し新規事業→既存事業異動後、集客・CA・法人営業と経験。 史上最高記録のイベント集客を達成し社内MVPを獲得。株式会社GOODGREENに移り、広告運用以外のほとんどの業務に従事。その後エンジニア学校に入学してWebアプリ制作等を行い、アフィリエイトサイトの売却に成功後、キャリーミーに正社員としてジョイン。営業・採用コンサルタント・マーケティング(広告運用担当)等を経て現職。プライベートでは、月間80万PVのブログを運営する傍ら、個人YouTubeチャンネル開設2ヶ月で2700名の登録実績を持つ。2021年には新メディア・体育会の就活 https://taiikukai-shukatsu.com/ をローンチ。

キャリーミーではプロ人材を活用し、大きな採用リスクを取らずに創業2年で黒字化、4年で売上20倍にしてきました。これは企業様への営業の時にもお話していますが、営業先の企業様にも驚かれます。自社サービスをフル活用しているのは珍しく感じられるのかもしれないですね。

キャリーミーがプロ人材を活用してきたメリットは大きく以下の3つあります。このメリットは企業様にも当てはまるのではないかと思います。

プロを活用するメリット:
・成果を出しやすい、出やすい
・社内にナレッジがたまる
・雇用リスクが少ない

それぞれご紹介していきます。

プロ契約のメリット1:成果が出しやすい

プロ契約のメリットの一つ目は、成果を出しやすいことです。

では、なぜプロ契約だと成果が出しやすいのか。それには3つの要因があると思います。

一つは、特定の課題を解決できるレベルが高いこと。

一般的に正社員の「優秀さ」は、やる気やコミュニケーション力など一般的なビジネス総合スキル、ソフトスキルで評価されやすい傾向にあります。一方で、プロ人材のスキルは、与えられた業務のなかでの特化したスキルが評価されます。例えば、広報なら「ネタ作りが得意」「リレーションスキルが高い」など細分化したスキルを歓迎されます。

こうした、「特定の課題を解決」する力に長けているのがプロ人材なので、明確な切り分けがなされた業務に対して成果を出す力が正社員に比べ高くなりやすいのです。

もう一つは、コミットメント力。

プロ人材は与えられた業務、成果に対するコミットメント力が非常に高いです。キャリーミーのプロ人材は多くが個人で事業を行っています。つまり、一つ一つの業務に対して120%の成果を出すことが自身の実績となり、新しい仕事に繋がる可能性を高められるからです。

ですから、プロ人材は成果に対して意欲的ですし、成果を出すために積極的にアクションをする傾向が高いです。

最後がアドバイザーではなく、実務ができること。加えて一定の稼働(週2~3)をしてくれることです。

キャリーミーの案件の多くは顧問やアドバイザーという立場ではなく、プロジェクトにコミットして、自ら手を動かす実務担当者です。アドバイスだけではなく、提案した戦略を実行してくれるので、早期に成果が出やすくなります。

プロ契約のメリット2:社内にナレッジがたまる

二つ目は社内にナレッジがたまるということです。

外注だとその成果物を創り上げるためのノウハウは企業秘密として教えてもらえないですよね。一方で、業務委託のプロ人材であればプロの個人がこれまでの経験で得てきた手法やノウハウを社内メンバーに伝えられます。外注では得られないプロ人材のノウハウが社内にナレッジとしてたまっていきます。

プロ人材は良い意味で教えたがりの方が多く、ご自身の知見やご経験に基づくノウハウを注入してくれ、既存の正社員の育成にも繋がります。キャリーミーでも、営業のプロ人材に正社員やインターン生の育成をお願いしていますし、企業様によっては育成に重きをおいて契約して頂いているケースもあります。

研修費用をかけるよりも、実績のあるプロ人材のOJTを受けた方が、実践的で社員のレベルも上がりやすいのではないかと感じています。

プロ契約のメリット3:雇用リスクが少ない

最後のメリットは雇用リスクが少ないことです。

経験やノウハウが豊富で実務も担えるプロ人材レベルの優秀な人材を正社員として採用する場合、年収1,000~3,000万が必要になります。かつ、雇用契約を結んでしまえば解雇がしづらくなります。

新規事業の担当や、短期的な事業成長を目的にこうしたハイレベルな人材を正社員で迎えると、そのプロジェクトが終了した後、その人材をどのように自社で生かしていくのかという問題に直面します。

一方、プロ人材なら雇用期間は最短で6ヶ月です。双方合意の上で、期間の延長も可能です。また、スタートアップなど成長ステージによって必要な人材が変わる企業には、成長ステージによって、人材を変えられることも魅力になります。

今回のコラムでご紹介した「プロ契約」のメリットはこちらです。
・成果を出しやすい
・社内にナレッジがたまる
・雇用リスクが少ない

メリットだけではなくリスクについても知っておきたい、という方はぜひ合わせて【プロ契約Q&A】プロ人材(業務委託)を活用するリスクとは?をご覧ください。
自社の成長に合わせた柔軟な人材登用を行いたい、今すぐ成果を出せる人材を採用したい、コストを抑えつつ優秀な人材を登用したいといったご要望をお持ちの企業様には、キャリーミーの採用コンサルタントが無料でご相談をお受け致します。まずは以下のフォームからお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

azusa watanabe
渡部 梓

大学卒業後アパレルメーカーで販売、ディストリビューター(在庫管理、換金計画策定等)、店舗支援を担当する。結婚退職後、転居し地方公務員へ。個人住民税課税業務に従事。第一子育休中に再転居により公務員を辞し、無職での保活と子連れの再就職活動を経験する。その後アパレルメーカーでのディストリビューター業務の傍らCARRY ME経由でライティング活動を開始。現在は某企業の社内広報業務を行いながらCARRY MEにてライティング関係の業務委託案件を請け負うパラレルキャリア実践者。プライベートでは二児の母。