「プロ契約」のキャリーミー
中途採用では採れなかった
優秀な人材が社内のメンバーに!

詳細チェック&無料相談する

料金表を確認する

プロ人材活用事例を見る

キャリーミーのプロ人材(業務委託)とは?副業・顧問との違いを解説【プロ契約Q&A】

キャリーミーのプロ契約を検討される企業様によくある疑問を解決!今回は、キャリーミーの営業時でも良く聞かれる「業務委託(プロ人材)と副業・顧問の違い」について営業経験のある中野渡が解説します。

業務委託(プロ人材)と副業・顧問の違いとは?

中野渡 桂 新規事業責任者
大学卒業後、株式会社アスリートプランニングへ入社し新規事業→既存事業異動後、集客・CA・法人営業と経験。 史上最高記録のイベント集客を達成し社内MVPを獲得。株式会社GOODGREENに移り、広告運用以外のほとんどの業務に従事。その後エンジニア学校に入学してWebアプリ制作等を行い、アフィリエイトサイトの売却に成功後、キャリーミーに正社員としてジョイン。営業・採用コンサルタント・マーケティング(広告運用担当)等を経て現職。プライベートでは、月間80万PVのブログを運営する傍ら、個人YouTubeチャンネル開設2ヶ月で2700名の登録実績を持つ。2021年には新メディア・体育会の就活 https://taiikukai-shukatsu.com/ をローンチ。

営業活動をしていると、企業様から雇用形態について聞かれることがあります。

正社員を中心に採用を行う企業様にとっては「業務委託」は馴染みがないと思うので、疑問に思われるのは当然でしょう。キャリーミーの提供している「プロ人材」に関するご質問も多数いただきます。

そこで今回は、プロ人材(業務委託)と副業・顧問の違いについて解説します。

キャリーミーのプロ人材とは?


キャリーミーでは主にWebマーケティング・広報PR領域を中心とするプロ人材と企業様をマッチングする「プロ契約」のサービスを提供しています。

では、「プロ人材」とは何か?キャリーミーでは、プロ人材を「独立した個人として企業の難易度の高い課題を解決する業務を請け負える人材」と定義しています。彼らの雇用形態は原則業務委託になります。

キャリーミーは、こうした「企業の難易度の高い課題を解決する業務を請け負える人材」に登録頂くため、創業当時からフリーランスではなく、「プロ人材」という言葉を意識して活用していました。

おかげさまで、「プロ」の理念に共感するプロ人材の紹介・口コミを中心に今では1万人以上のプロ人材にご登録頂いています。(詳しくは「【プロ契約Q&A】なぜ優秀なプロ人材はキャリーミーに登録するのか?」をご覧ください。)

結果的に、プロ人材の属性としては、フリーランスの方や起業家の方などが多いです。ただ、ご活躍されている方は「企業の難易度の高い課題を解決できるスキルを持っている」という共通点があります。

業務委託とはどんな働き方?

業務委託とは、自社業務を企業あるいは個人に外注することを指します。雇用契約とは異なり原則として労働基準法の適用は受けず、委託する業務の遂行または成果に対して対価を支払う契約です。

私がよくお話しする例は、採用活動でのエージェント契約です。

多くの企業様は採用活動をするにあたり転職エージェントと契約しますが、それは採用業務を外注していますよね。業務委託契約は、そのようなイメージを持って頂けると良いと思います。(業務委託について詳しくは「フリーランスの始め方と仕事の獲得方法を徹底解説」をご覧ください。)

副業とプロ人材(業務委託)の違いは?


副業とは、正社員として会社に所属している人が、空いた時間を使って仕事することです。

副業とプロ人材(業務委託)との違いは、一言で言うと「コミットメント力」です。

正社員は週5日、フルタイムで仕事をしているケースがほとんどです。副業の稼働は土日・夜間のみなど時間的な制約があるため、仮に副業をしている個人に高いスキルがあっても成果が出にくい環境であると言えます。

また、本業・副業の名前の通り「本業」を優先せざるを得ません。例えば副業の稼働を予定していた日に、本業で残業を依頼されると副業の稼働ができなくなることもあります。正社員として安定した収入があるためか、「多少無理をしてでも成果を出そう」と考える副業ワーカーの方は少ない印象です。そのため、当然成果も出にくいでしょう。

その点、プロ人材は案件に優劣を付けません。全ての案件に効率良く、クライアントの期待以上の成果を出そうとするため、案件に対してコミットメントが高い傾向があります。

顧問とプロ人材(業務委託)の違いは?

顧問は、企業や政府などの組織の要望に応じて助言を行う役職を指します。

主に経営者に対して、専門的なスキルや経験を生かし経営や事業戦略・事業成長に関する助言活動をしています。退任した元社長・元役員が顧問として仕事をしていたり、コンサルタントなど、外部専門家が経営者に対して助言を行うこともあります。

一般的には、アドバイスのみで実務は担当しない・年齢層が比較的高いという特徴があります。顧問の参画で成果を期待するというよりは、何か課題があったときの壁打ち的な役割と考える企業様は多いでしょう。

一方、プロ人材は壁打ち相手にもなれる上、実務もできるのが特徴です。クライアントの状況のヒアリング~課題発見~課題に有効な施策の提案・実行と、顧問が行うヒアリングとアドバイスに加え、戦略立案とその実行という実務面も一貫して任せられます。

特に、戦略実行にあたり人材不足を感じていたり、迅速な戦略実行を希望している企業様にプロ人材はマッチしています。

上記は、専門性を縦軸、稼働工数を横軸にプロ人材とその周辺領域の人材を比較。

「プロ契約」とは?ープロ人材と契約(業務委託契約)すること


キャリーミーでプロ人材と契約する方法は?これも良く聞かれる質問です。

一部の企業様はプロ人材と直接契約を結んでいますが、多くの企業様はキャリーミーを介して再委託し、プロ人材と契約しています。

再委託のメリットは、キャリーミーのサポートが入ることです。

企業様とプロ人材個人との直接契約にすると、もしプロ人材とトラブルが発生した際に企業様の負担が大きくなります。

キャリーミーでは再委託での契約の場合、一ヶ月に一回「ラウンド」を行い、定期的に企業様とプロ人材へヒアリングをしています。この「ラウンド」で認識の齟齬や課題があった場合はキャリーミーがプロ人材にフィードバックを行う、双方に状況の確認をするなどして対応しています。

もしプロ人材とアンマッチが発生しても、再委託であればキャリーミーがサポートしますので企業様のリスクを低減できます。

副業・顧問とは違うキャリーミーの「プロ人材」(業務委託)はコロナ禍で注目されている!

本記事で紹介したプロ人材(業務委託)と副業・顧問との違いをまとめます。

✓プロ人材(業務委託)とは?
企業の難易度の高い課題の解決をするプロフェッショナル。雇用形態は原則業務委託。
✓副業とプロ人材の違いは?
副業は本業と並行して行うので、プロ人材と比べてコミットメントが下がる傾向がある。
✓顧問とプロ人材の違いは?
顧問はアドバイザーのような立場、プロ人材はアドバイスと実務を兼務できる。

以上がプロ人材と副業・顧問の違いです。キャリーミーに在籍しているプロ人材は、企業の難易度の高い課題解決のために業務を請け負え、アドバイス~実務まで担当できる方が多いです。 広報PRの業務を例に、代表の大澤が外注、業務委託、正社員を比較した「広報PRを強化したい企業必見!「正社員」「外注」「業務委託」3つの選択肢を徹底比較」も参考にされて下さい。

コロナ禍もあり、「費用を抑えつつ自社のフェーズにあった即戦力人材にジョインしてほしい」と考える企業様の選択肢の一つとして、お選び頂いています。キャリーミーの「プロ契約」に興味を持っていただきました企業様はぜひ以下からお気軽にお問い合わせください。オンラインでのご相談も承っております!

この記事を書いた人

masaki
まさき

音楽専門学校を卒業後、アミューズメント施設でフリーターとして勤務。その後契約社員を経て正社員に登用。施設運営責任者としてマネジメント、接客事務、在庫管理などを担当。退職後、個人事業主(フリーランス)としてWebメディア運営責任者、Webライター、Webエンジニア開発などを経験。ミニマリストまさきのブログ(https://sawa-masaki.com)、Web業界の転職と副業(https://it-workstyle.com)、映画予報(https://kenken-movie.com)など複数メディアの運用・運営に携わる。