CARRY ME登録者の成功事例

大手人材紹介会社で10回以上MVP,VP賞を受賞!フリーランスとして20代で活躍する営業女子

C.Mさんは20代にして大手人材紹介会社でMVP、VP賞を10回以上受賞するなど、高い実績を持つ営業ウーマン。CARRY MEに登録後、すぐに稼働が埋まってしまうほどの人気です。営業という職種は業務委託のイメージが定着していないですが、CARRY MEでは法人営業はマッチング率上位3位以内に入るほどの人気職種です。一体どのように活躍しているのか、C.Mさんの秘訣を探ってみましょう!

現在の状況・これまでの具体的な実績

C.M.さんプロフィール 女性/28歳
1989年茨城県水戸市生まれ。2008年大学入学と同時に上京。2012年に新卒で株式会社インテリジェンス(現;株式会社パーソルキャリア)へ入社。アルバイト領域の広告営業、新規事業開発部門での新規営業、中途領域の広告営業を経験し、MVP賞、VP賞を13回受賞。2017年からはベンチャー企業でWEBマーケティングの経験を経て、2018年1月から個人で採用コンサルティングや営業企画の仕事を請け負う。

フリーランスとして活躍するに至った経緯

現在、CARRY ME経由の案件でどのような業務を担当されていますか?

主にIT企業で営業兼営業企画、人材系の企業では採用コンサルティングの仕事をしています。

業務内容は、IT企業では、営業メンバーのスキル向上に向けた企画・運営や取引実績がない大手企業に対する営業開拓の支援を行っています。また、最近では営業部長からの依頼で、私が中心となって組織・人材開発の業務を行うなど業務の幅が大きく広がっています。

CARRY MEでは、クライアントが持つ課題を解決するために、優れたスキルをお持ちの方とクライアントのマッチングの支援を行っています。紹介する人材は、フリーランスの方が中心のため、サービスインするために苦労する場面が多いです。しかし、クライアントへの丁寧なヒアリング、ニーズに合致した提案を行うことができているため、多くのサービスインの実績を出しています。

フリーランスとして活躍されるまでのご経歴は?

2012年に新卒で株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)へ入社しました。最初の2年間はアルバイト領域の広告営業を経験しました。次に新規事業開発部隊で1年間は中小企業の採用コンサルティング業務、その後2年間は大手企業専属部隊で採用コンサルティング業務を経験しました。在籍約5年で13回、営業MVP、VPを受賞しました。また、全社員のうち約0.2%しか参加することができない海外研修メンバーに、入社3年目で選抜されました。2017年にベンチャー企業へ入社、WEBマーケティングの経験を経た後、2018年1月からフリーランスとして仕事をしています。

フリーとして独立して最初にどのように仕事を獲得しましたか?

当初は、ネットでフリーの仕事を獲得する方法を調べました。その活動を通じて偶然CARRY MEを見つけ、すぐに代表の大澤さんとお話をする機会をいただきました。

大澤さんとお話をする中で、この事業を行う目的や理由、どのような背景があるのかを質問攻めしました。ここだけの話ですが、お話をする機会が決まってから、大澤さんについて事前にネットでかなり調べました。お話する前にある程度、どのような方か、どういった考えから今の事業を行っているかを知りたいと思ったからです。また、私と一緒に仕事がしたいと思っていただくために、私自身のことについてどんな話をするか、戦略を持ちお話をしました。この機会を通じて、大澤さんと是非お仕事をしたいと思ったので、CARRY MEでお仕事をすることを決めました。これが、私のフリーとして最初の仕事です。

フリーになって一番苦労したことは?

フリーランスとなり、仕事を獲得するにあたり苦労したことは全くありません。 とんとん拍子でお仕事をいただくことができました。 しかし、実際にフリーランスとして仕事をはじめてからは、毎日がチャレンジの連続です。このことは苦労と言えば苦労なのかもしれませんが、会社員として働いていた時よりも、今の方が私らしく生きられているように感じています。

また、実際のチャレンジを通して、乗り越えるべき壁は、経営者、現場の方との信頼関係の構築でしょうか。自社の社員としてではなく、 外部から組織へ入り込みコンサルティングを行うことになるからです。、私自身、両者との信頼関係を構築を行うために、お仕事をご一緒する方のバックグラウンド、気持ちや考えの理解を徹底した上で仕事をすることに心がけています。

フリーランスで案件を獲得するための秘訣、必要なスキルは?

フリーランスで案件を獲得するための秘訣、必要なスキルは?
3つのスキルが重要だと思います。

① 自分の市場価値を理解すること。
② クライアントが求めていることを理解すること。
③ 上記の①、②を踏まえた上で自己PRをすること。

繰り返しますが、この3つのスキルが重要だと思います。
仕事を獲得した後であっても、常に自分のキャリアと向き合い、キャリアの方針をブラッシュアップし続けることが必要です。私自身常にこのことを考え、取組んでいるところです。

営業で成果を出す秘訣は?

前提として、マーケットの理解、データ分析をしっかり行うこと。そして、いきなり売り込みをするのではなく、クライアントのニーズをしっかりと把握し、役立つ情報を提供することで信頼関係を築くことが大切だと思います。

スケジュール管理や仕事のタスク管理で重宝しているツールを3つ教えてください!

Googleカレンダー、チャットワーク、slackです。

これまで影響を受けた人、これからの展望

これまで影響を受けた人、尊敬している人、その理由を教えてください

山口絵理子さん。「裸でも生きる―25歳女性起業家の号泣戦記」という山口さんの本を読み、私自身、自分の手足で格好悪くても自立してがむしゃらに生きたいと思いました。

将来の夢は?

人と人を三項関係で結び、コミュニティをデザインするビジネスを作りたいと思っています。まだまだ構想段階ですが。

CARRYMEの<担当アドバイザー大澤>から見たC.M.さんの活躍ポイント

  • 意識の高さ、コミットメント力
  • まず、挙げられるのが意識の高さです。「何としてでも成果を出そう」というスタンスを、言動の節々に感じます。また、アポ率、着電率といった数字管理を通して自分自身のコントロールを徹底しています。

  • 常識にとらわれない成果をあげるための工夫
  • 「成果をあげるためにはどうしたら良いか」を考える力があります。リスト作りを他の人に依頼することで効率化を図り、そのリストをはじめとしたツールについても成果をあげるためのにはどんな項目があるべきかなど、自分で考えて行動することができています。言われたことだけを行う受け身の姿勢ではなく、自ら目的を考えて行動する姿勢がプロフェッショナルだなと感じます。

  • 度胸を兼ね備えている
  • 電話での新規営業、経営者と話す場面まで、臆することなく相手の懐に入っていける度胸があります。恐る恐る電話するより、自信をもって話すことが成果につながっているのでしょう。上記3つのポイントはどれか1つだけ持ち合わせていても足りません。全てがそろっているからこそ、素晴らしい活躍へつなげることができているのでしょう。

1bf185b95b362d81053dd713c8eb9452_s

1bf185b95b362d81053dd713c8eb9452_s

インタビューアー 毛利優子
CARRY MEのCMO(最高マーケティング責任者)。Webディレクション、SEOなどを担当し、広告費ゼロで2,000名のプロを集客。立教大学在学中に長男を出産し、人生初の就職活動と子育てを同時進行する。大手監査法人で140カ国が参加する人事イベントの運営に携わり、ダイバーシティ賞を受賞。27歳の時に3人の子育てをしながらベンチャーのIT企業へ転職。ワーキングマザーを応援すサイトをゼロから企画し、月間10万PVのサイトに成長させ、収益化に成功し、MIP,MVP受賞。その後起業し、書籍や講演などで「女性のキャリア・働き方」に関する情報を発信。日本における「働き方の多様化」の必要性を感じていたときに代表の大澤と出会い、CARRY MEサービス立ち上げから参画。著書に『これで解決。働くママが必ず悩む36のこと』 メディア掲載実績:産経新聞、AERA,東洋経済オンライン、日経DUAL,ひよこクラブなど。

関連記事もご覧ください