CARRY ME登録者の成功事例

起業1年目にして仕事が次々と舞い込む、31歳人気Webマーケティングのプロ

Y.S.さんは、広告運用を中心に、Webマーケターとして活躍されています。
CARRY MEにご登録頂いてから、これまで2社紹介させていただき、どちらも採用が決定しています。1社はなんと面談中に採用が決定したほどの即決でした。昨年2016年に起業したばかりに関わらず、現在の活躍に至った経緯を見ていきましょう!

現在の状況・これまでの具体的な実績

Y.S.さんプロフィール 男性/31歳
広告代理店を経験後、WEB系事業会社に転職。
Webメディア運営事業やアプリ企画開発、ディレクション、プロモーションに携わる。その後、30歳で独立し、現在は経営者として、Webデザイナーの妻と二人で事業を運営。最近では、お子さんも生まれて、パパとしての顔ものぞかせています。

どのようなクライアントを担当しているか

CARRY ME経由で、現在2社担当させていただいており、いずれもWEBマーケティング事業の会社となります。業務内容はオウンドメディアのマーケティング及びプロモーションの運用です。もう1社はソーシャルメディアマーケティング中心となっておりますので、そちらの広告運用メンバーとして参画させていただいております。
働き方は、週1日先方の定例ミーティングのタイミング等で出勤させていただき、他曜日に関してはリモートで対応しています。
いずれの会社においても現状いまだご契約いただいており、今では経営課題に対しても意見参加させていただくまで、ご信頼いただいております。
月収に関してはA社20万円(週1常駐)でB社は15万円(週1常駐)です。

出勤を伴う働き方と完全リモートワークの違い

完全リモートワークは働き方の自由度が魅力ですが、出勤を伴う働き方は、その会社の経営戦略レベルで共有いただいたり、経営課題に気付いたり、フロントに出てこない人たち、いわゆるバックエンドの人たちとのコミュニケーションによって、より多く企業理解が進みます。単純にビジネスモデルのことだけでなく、組織マネジメントや育成、コミュニケーションが私の学びになりました。

リモート取引だけで接すると、担当者等のフロントの人だけとコミュニケーションをすることになりますが、会社には必ずバックエンドを担当する人たちが存在しています。その方たちとのコミュニケーションによって、新たな経験を得ることが多いです。
それらは実際に入社しないとわからない点が多いですが、複数の会社にそれぞれ出社すると、見える世界そのものが複数になり、学びが多いです。やはり週1日でも常駐するのはすごい経験ですね。

独立してから最初の仕事をどのように獲得したか?

ほぼすべて紹介案件または独立前より維持していた人脈からの獲得です。今期は、それ以外にCARRY MEに登録した他、BtoBマッチングサイトへの出稿も試しています。ソーシャルでの発信によるダイレクト問い合わせ、前職会社からの依頼もあります。

独立して一番苦労したことは?=ターニングポイント

独立して苦労したこと

想定以上の案件過多の状況に、自身のマネジメントが難しいと感じました。この点は協力していただけるパートナーの開拓で乗り越えることができました。また、一緒に仕事をしている妻の能力が高く、当初クリエイティブ制作、ライティング業務を担当してもらっていましたが、現在では広告運用もレクチャーし、未経験とは思えない運用能力を発揮しています。妻が得意なジャンルの案件も運用してもらったり、サイト制作のディレクションも担当してもらっています。
ノウハウは会社資産なのでなかなか会社外には開示できないところがありますが、身内なので惜しまず提供できます。

子育てをする上でのメリットはありますか?

お互いのタスクの優先順位を相談して、子どもの世話に対応する人間を交代できることです。
完全に仕事優先にできるか?と言われるとそうではないですが、1人が子どもを見る、と完全に決まっていると仕事は色々諦めがちですが、私たちの場合はその都度相談できます。

<CARRYMEのアドバイザー毛利>から見たY.S.さんの活躍ポイント

  • 実務、実績、人脈をもって起業
  • 正社員の頃から自身の分野で、「実務」「実績」「人脈」を積み上げて、独立したことが成功の決め手になっていると感じます。独立前からの人脈でお仕事を獲得しつつ、CARRY MEのようなマッチングサービスなど、複数の収入源を持つようにしている点も、1年目にも関わらず収益を安定化できている秘訣でしょう。

  • 仕事選びの軸が明確である
  • Y.S.さんは、仕事選びの軸が明確です。プロとして自分が結果を出せる仕事であるかという点はもちろんですが、自らが成長できる環境であるかという点や働き方の柔軟性(週1出勤やリモートワークができるかなど)も、とても重視されています。面談中に企業の課題や業務内容を確認した上で、勤務日数や報酬条件のラインをスピーディーにご提示いただけるので、1社は面談中に即決で決まりました。最初は、どのくらいの報酬に設定すべきか悩まれる方も多いと思いますが、悩んだ時はまずアドバイザーに相談してみてください。

  • 成長意欲が高く、新しい情報を常にキャッチアップ
  • Y.S.さんは現状に甘んじず、成長意欲が非常に高い方だと感じます。仕事上でしっかりと結果を出すことはもちろんのこと、Googleアナリティクス個人認定資格、Google AdWords認定資格、Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格などの資格も保有されており、仕事選びにおいても、報酬等の条件だけでなく、ご自身が成長できる環境かを重視されています。また、業界やマーケティングの最新情報も常にアンテナをはってキャッチアップしており、面談中の企業からの質問にも的確に回答されるので、面談という短い時間の中でも信頼を得て、契約に結びつけることができています。

1日のスケジュール例

[writer-mouri]

関連記事もご覧ください